オーガニックとは

オーガニックとは、有機栽培、有機農法とも言われます。

オーガニック=有機栽培

有機栽培とは、化学合成農薬や化学肥料に頼らず、有機肥料等で栽培する農法です。

簡単に言うと、化学肥料や農薬を使わずに育てられた作物や畜産物、それらを使用した加工品に対して使われます。

しかし、オーガニックとは、ただ化学肥料や農薬を使わないだけではありません。オーガニックを名乗るには、その土壌で2~3年前から化学肥料を使ってないこと、遺伝子組み換えの種は使用しない、畜産物の場合は飼料も有機であること、など、様々な基準があり、それぞれのオーガニック認定機関によってもその定義は異なります。どの認定機関にも共通して言えることは、オーガニックとは、化学的なものをできるだけ使わず、環境負荷をより少なくし、自然を大切にし、それが私たちの安全・健康増進にも繋がるような考えを持っていることです。

unnamed-2

日本のオーガニック認定、有機JASマーク

日本には、オーガニックの認定を農林水産省がしていて、認定された商品には有機JASマークというものがつけられます。対象となるのは、農産物、畜産物、加工食品です。この認定がないものに対して、有機、オーガニックといった紛らわし表現をすることが禁止されています。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

 

海外のオーガニック認定機関

世界にはヨーロッパを中心に沢山のオーガニック認定機関があります。認定の基準は様々ですが、どれも厳しい規定が定められています。原料を育てる土壌の規定、ある一定の化学成分を禁止、動物実験をしない等の、様々な規定をクリアして認定された商品は、良いものである証拠です。

USDA Organic
ICEA
Australian Certified Organic
ECOCERT
Soil Association
BDHI Standard
COSMOS Standard
The Nature Conservancy
ECO Control

SUPER FOOD(スーパーフード)

SUPER FOOD(スーパーフード)とは?
栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。 あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。 料理の食材としての用途と、健康食品としての用途をあわせもつ食品のこと。

MOANAで取り扱っている【ナビタスナチュラルズ社の SUPER FOOD】は、日本のオーガニック認定有機RAWJAS マーク、アメリカのオーガニック認定 USDA Organic マーク、遺伝子組み換えを行っていないことを証明する NON-GMO マーク、動物性食品ではない事を証明する VEGAN マーク、食品の最高権威である Kosher マーク、非加熱の高栄養素である RAW マーク という6種類もの認定マークを取得している、最も安心安全な SUPER FOOD です。

オーガニックの正しい認識

オーガニックとは、化学的な農薬や肥料を極力使わない有機栽培のことですが、それは土壌を本来の自然に戻し、周りの環境も含めた自然循環機能を高めることにつながり、さらには生産者の生活環境を向上させ、消費者である私たちを有害な物質から守ります。しかし、すべての安全性を確証するものではありません。

オーガニックは認定機関によっては、定められた範囲であれば使ってもいい農薬もありますし、有機肥料だけにこだわっていてもリスクもあります。アレルギーや刺激が全くないというものではないからです。

もちろん、ケミカル系のものより低刺激の商品の方が多いかと思いますが、正しい認識のもと安心してオーガニックライフを楽しみたいものですね。

IMG_7437

ページ上部へ戻る